古美術&ギャラリー 古藤

古物営業法に基づく表記 株式会社 古藤 東京都公安委員会 305571103687

                              
>
アクセスカウンター

トップページ  古美術古藤 ギャラリー古藤 アクセサリー アクセス 古藤店主ブログ  過去のイベント予定イヴェント Facebook電子ブック


『空中茶室を夢みた男』上映会∔ 落語・朗読・お話・








『空中茶室を夢みた男』上映会∔ 落語・朗読・お話・

2020年9月24日(木)~27日(日)

会場 ギャラリー古藤 東京都練馬区栄町9-16

田中千世子監督作品

 

予約/当日 1本につき 大人1,000/大学生・ハンディのある方800/高校生以下500円小学生以下無料     

 落語・朗読 予約・当日1,500円    各回25名定員制  予約優先入場

 

『空中茶室を夢みた男』752019

 江戸時代初期の寛永文化をリードした大名茶人・小堀遠州と石清水八幡宮の社僧・松花堂昭乗によって作られた空中茶室をめぐるドキュメンタリー。二人は天皇家と将軍家の公武融和に尽力する政治的な協力関係を持つと同時に風流を愛する心の友として、京都の石清水八幡宮の山腹に空中茶室・閑雲軒を作り上げた。現在の石清水八幡宮や松花堂庭園の風景を織り込みながら遠州茶道宗家十三世家元のお話をまじえ、一七七三年に焼失した究極の茶室への思いをめぐらせていく

 

『熊野から ロマネスク』832016

新宮を起点に、場所をさらに広げ、吉野↓熊野↓難波↓三輪↓二上山へとめぐる。海部が吉野で出会った、自称“コードネームはクローディーヌ”という若い女性の記事を旅行雑誌に寄稿すると、自分がクローディーヌであるとしたためた手紙が編集部に届く。俳優としても活動する彼は、間もなく狂言を取り入れた不条理劇の練習を始める。海部は慌ただしい日々を送りながらも、二人のクローディーヌのことが心に引っ掛かっていた。

9月24日(木)1200 開場・受付開始

1300

『空中茶室を夢みた男』上映

1415 上映終了  休憩

1430 お話(20分)畔蒜多恵子

「石清水八幡宮と空中茶室・閑雲軒を描く」

1450 終了

1545 2回目上映受付開始

1600

『空中茶室を夢みた男』上映

1715 上映終了

1730 お話(20分)田中千世子

「昭乗と遠州の空中茶室・閑雲軒」

1800 終了

 

 

 925日(金)

1200 開場・<映画と落語>の受付開始

1300 『空中茶室を夢みた男』上映

1415 上映終了  休憩

1430 落語(30分)立川寸志

 

 

1500 終了

1545 2回目上映受付開始

1600 

『空中茶室を夢みた男』上映

1715 上映終了

1730 お話(20分)田中千世子

 著書「ジョヴェントゥ ピエル・パオロ・パゾリーニの青春」と映画『アポロンの地獄』について200 開場・<映画と朗読>の受付開始

 

926日(土)

1300

『空中茶室を夢みた男』上映

1415 上映終了  休憩

1430 朗読(30分)海部剛史

  芥川龍之介の短編より

1500 終了

1545 2回目上映受付開始

1600 

『空中茶室を夢みた男』上映

1715 上映終了  休憩

1730 海部剛史の主演映画『熊野から ロマネスク』の特別上映

1900 終了

 

9月27日(日)

1200 開場・受付開始

1300

『空中茶室を夢みた男』上映

1415 上映終了 

1430 お話(20分)

 

深谷信子

  (茶道史研究家) 

1500 2回目上映受付開始

1530

『空中茶室を夢みた男』上映

1645 上映終了

1730 お話(20分)田中千世子


江古田のまちの芸術祭 2020募集要項

「江古田をアートの町にしたい」の主旨に賛同するアーティストまたは会場オーナーなどにより江古田のまちで行う芸術祭の自主企画を募集します。

〇 展示期間:20201010日(土)~1018日(日)

〇 展示場所:江古田駅を中心とした江古田のまちのギャラリー・カフェ・店舗・美容院・飲食店・学校・公共施設・教会等

〇 主催:江古田のまちの芸術祭 実行委員会

〇 募集対象:「江古田をアートの町にしたい」の主旨に賛同する アーティスト、ギャラリー、店舗等の自主企画を募集しています。

〇 応募期限:2020年7月末(審査なし、書類提出は必要)

〇 参加費:一企画につき2,000

  別途 江古田のまちの芸術祭のチラシに広告掲載をお願いします。

     広告のスペースの大きさに比例して一口 1000円から 

  チラシはA2サイズ 両面カラー 10000枚  

〇 企画内容

 アーティストまたは会場オーナーなどによる美術、映像、写真、音楽、ダンス、演劇、詩などの自主的な企画展示(イベント公演)です。審査はありません。アンデパンダン形式のもの。主に1010日~1018日の展示期間中に行われる展示・イベントを企画するもの。(必ずしも期間・日数が一致しなくてかまいません)

 

〇 説明会 67日(日)午後7時 ギャラリー古藤 
 

 

〇 スケジュール

2020

67

 

募集要項説明会

7月31日        

企画募集締め切り

810

チラシ用提出書類、web用データ提出締め切り

8月10

マップパンフ作成開始。DM、ポスター作成

9月1日

マップパンフ配布、ポスター貼付、FACEBOOK等で宣伝

108日~109

展示企画、作品搬入・設置

1010日~1018

展示期間

1019日から

作品搬出

11

反省会。データー整理

〇 アーティストの展示施設の見学または挨拶・打ち合わせなどについてアーティストと会場側双方の自主的な運営を御願いいたします。アーティストは出来る限り会場と事前に相談をし、搬入日・時間・展示プランなどを明確にして下さい。

〇 その他 それぞれの企画は新型コロナウイルス感染拡大防止のため対策を十分に取り入れた企画内容としてくださるようお願いいたします。なお、それでも、江古田のまちの芸術祭が、新型コロナウイルス感染拡大防止のため開催が不可能な状態になった場合は参加費をお返しいたします。なお、チラシ等広告料はお返しできません。

〇 事務局 ギャラリー古藤 〒1760006 練馬区栄町9-16

  03-3948-5328  fwge7555@nifty.com  http://furuto.info/

 担当 田島 和夫

気功教室9月15日



 

第9回江古田映画祭は終了しました。


  

アラブ・平和の祈り展

 












  

      

 




























facebook : https://www.facebook.com/kgfuruto/



                          ごあいさつ

    この度、東京都練馬区の西武池袋線江古田駅近くにギャラリーがある古美術の店舗を建設しました。
    店舗の場所は千川通り沿いの武蔵大学の真向かいにあり、武蔵野稲荷神社に隣接しております。店舗で
    は古陶磁などの古美術品またアクセサリーを展示・販売するとともに、ギャラリーでは美術品展示のほ
    かに、音楽会、映画会、講演会なども開催したいと思っています。店の名前は祖父が戦前に名古屋で営
    んでいた店名「古藤」(ふるとう)にしました。祖父は100年の歴史がある名古屋美術クラブの初期
    の会員でもあり、店のあった町は、江戸期には中・下級武士の屋敷が連なり、明治から昭和の初めにか
    けては近代産業の担い手となる起業家、学者、技術者など様々な人々が去来し、交流する舞台となった
    町でした。日本女優第一号の川上貞奴もその一人でした。また、この町からは幾つかの世界的企業も生
    まれています。何年後かには新たな時代を先駆ける「古藤」に発展させることを密かに夢見て新たな一
    歩を歩み始めようとしております。

     どうかあたたかい目で応援をお願いいたします。江古田にお越しの際はちらっとお店に寄っていただ
    ければ幸いです。
 
                             古藤(ふるとう)店主  田島 和夫



古美術&ギャラリー 古藤 
所在地  〒176-0006  東京都練馬区栄町9-16 
電話番号  03(3948)5328
FAX番号  03(3948)5328
fwge7555@nifty.com
ルート    西武池袋線江古田駅   徒歩5分
        都営地下鉄新江古田駅  徒歩7分
          西武鉄道有楽町線新桜台駅 徒歩6分
    関東バス江古田駅 徒歩4分
     都営バス武蔵大学前 徒歩1分
    駐車場    近くのコインパーキングをご利用ください。

古物営業法に基づく表示
東京都公安委員会
第305571103687号
株式会社 古藤
 

 

写真型トップページ

アクセス地図