ギャラリー古藤での催しもの開催予定案内  
 ギャラリー古藤での催しは新型コロナコウイルス感染拡大防止対策を行い、予定どおり実施しております。
   王輝六段の指導碁
1月18日(火)午後1時から

場所 ギャラリー古藤 〒176-0006 東京都練馬区栄町9-16

予約先☎ 3948-5328

メール   fwge7555@nifty.com

中国棋院のプロ棋士と対局できます。指導料は 1局2500円です。(別途 場所&お茶代500円)合計3000円

 
   江古田映画祭実行委員会  
   

独立プロの時代

山本薩夫監督映画特集

   独立プロの時代

山本薩夫監督作品一挙上映!

戦後の日本映画界に確固たる足跡を残した<社会派>、独立プロの旗手として

山本薩夫監督は数々の映画を生み出していった。その時代の作品を一挙上映!

 

1月22日(土)トークゲスト香川京子さんは、新型コロナ感染拡大の状況のため来れなくなりました。
代わりに山本薩夫監督の長男の妻・山本洋子映画監督が挨拶に来られます。
 

2022年1月22日(土)~1月30日()  <9日間>

会場 ギャラリー古藤 

東京都練馬区栄町9-16

(武蔵大学正門斜め前)

電話:0339485328 

『人間の壁』主演・香川京子

が1月22日に来場!

上映作品(制作順)

暴力の街1950年 112 出演:志村喬・原保美・池部良

本庄事件を題材に警察や町議員まで手を回して街を支配する暴力団の不正を暴くため、

ペンを武器に圧力と斗う記者と市民たちの姿を描いた社会派ドラマ。

■箱根風雲録1952年 136分(監督:山本薩夫・楠田清・小坂哲人)                          1952年 136 出演:河原崎長十郎、山田五十鈴・中村翫右衛門

 江戸時代、箱根用水の治水をめぐって幕府の妨害に遭いながらも村人のため事業を進めていく商人たちの姿を描く。

■真空地帯 1952年 129分 出演:木村功・下元勉・三島雅夫

毎日出版文化賞を受賞した同名小説(作:野間宏)を山本薩夫が映画化。自身も経験した

帝国軍隊の内情を迫力ある映像でえぐり出す。ロケ現場はかつて入隊した佐倉連隊の兵舎。

日の果て1954年 108 出演:鶴田浩二・岡田英次・島崎雪子

終戦直前のルソン島。軍から脱走した親友の逮捕を命じられる宇治。ジャングルを舞台に

男女の葛藤を描く濃密な人間ドラマ。

■太陽のない街1954年 140分 出演:日高澄子・桂通子・原保美

『蟹工船』と並ぶプロレタリア文学の最高傑作を映画化。原作者である徳永直が自ら体験した労働争議を、会社側と斗う労働者、家族らの葛藤を通し、挫折と希望を描く。

浮草日記1955年 106 出演:東野英治郎・津島恵子・高橋昌也 

貧乏な旅一座が、解散前に立ち寄った炭鉱町でストライキに巻き込まれる顛末を描いた喜劇。

荷車の歌1959年 144分 出演:三國連太郎・望月優子・岸輝子

明治から昭和20年代まで、貧しい農村で時代に揉まれ、苦難に耐えながら生きる女の一代記。

人間の壁1959年 145 出演:香川京子・宇野重吉・高橋昌也

石川達三の同名小説を映画化。戦後民主教育運動の中で、教育現場への弾圧、様々な学校をめぐる問題を通して、教師たちの成長していく姿、新しい生き方を模索しようとする姿をを描く。

武器なき斗い1960年 140 出演:下元勉・渡辺美佐子・東野英治郎

大正時代、治安維持法改悪に対する反対演説の前日に右翼の凶刃に倒れた労農党代議士山本宣治。彼の数々の弾圧に塗られた激動の生涯を、心優しい生物学者の一面を交えて描く。

松川事件1961年 162 出演:宇津井健・下元勉・宇野重吉

下山事件に続き起きた謀略的事件。列車脱線事件の法廷劇をサスペンスに満ちた演出で映像化。

映画監督 山本薩夫(監督:片桐直樹)1993年 60

監督没後10年目に創られた。スチール、証言で、監督の映画作風が形成される過程を追うと共に、撮った作品の一部から山本作品の魅力に迫る。

薩チャン 正ちゃん~戦後民主的独立プロ奮闘記(監督:池田博穂)2015年 94

山本薩夫、今井正をはじめとする、独立プロ運動にかかわった監督たちの苦労、頑張りを描く。

□矢臼別物語(監督:山本洋子)2021年 88

北の大地北海道にある広大な陸上自衛隊矢臼別演習場。その中の民有地を守るため、長期にわたり、粘り強く明るく斗い続けている人々を描く。

主催:ギャラリー古藤  協力:独立プロ名画保存会

 

電話・メールでの予約をお願いします。

電 話  03-3948-5328

メール  fwge7555@nifty.com

ホームページは「ギャラリー古藤」

 http://furuto.info

●チケット

大人 予約1,000円・当日1,200

大学生・ハンディのある方 800円 

高校生以下無料 

チケット3枚つづり 2,700円 

トークがある時は上記料金に含まれます。

トークのみは500

予約優先入場各回30名定員制

●山本薩夫(やまもとさつお)

1910年鹿児島市生まれ。幼少期を松山市で過ごす。早稲田大学在学中は、演劇を通して左翼運動に走る。1933年松竹入社。成瀬巳喜男に師事。成瀬とPCLに移籍後1937年『お嬢さん』で監督デビュー。過酷な軍隊生活を体験し、反戦と平和を心に刻む。東宝で亀井文夫と『戦争と平和』を創るが、1948年東宝大争議で解雇。以後独立プロで、1962年からはメジャー企業でも映画を創る。生涯56本の作品を撮り、1983811日永眠。

●「独立プロ」とは……

194648年、戦後民主主義の息吹あふれる中で東宝大争議が闘われた。そこで東宝を出た者を主とした映画人たちは映画企業に頼らず「独立プロ」を起こし、大衆が望む映画を創り出していった。

上映スケジュール

☆1月22日

13時から 人間の壁1959年 145

15時35分から トーク 香川京子

☆1月23日 

13時から 映画監督 山本薩夫(監督:片桐直樹)1993年 60

14時10分から トーク 映画監督 鍋島 惇

16時から 荷車の歌1959年 144 

☆1月24日 

13時から 真空地帯 1952年 129

16時から 浮草日記1955年 106

19時から 日の果て1954年 108

☆1月25日 

13時から 太陽のない街1954年 140

18時30分から 人間の壁1959年 145

☆1月26日 

13時から 暴力の街1950年 112

15時50分から 武器なき斗い1960年 140

19時から 浮草日記1955年 106

☆1月27日 

13時から 松川事件1961年 162

18時30分から 太陽のない街1954年 140

☆1月28日

13時から 武器なき斗い1960年 140

16時10分から 暴力の街1950年 112

18時50分から 箱根風雲録1952年 136

☆1月29日 

13時から 荷車の歌1959年 144

15時40分から トーク 武蔵大学教授 永田 浩三

17時30分から 松川事件1961年 162

☆1月30日 

13時から 矢臼別物語(監督:山本洋子2021年 88

14時40分から トーク 映画監督 山本洋子

16時から 薩チャン 正ちゃん~戦後民主的独立プロ奮闘記(監督:池田博穂)2015年 94

 

 

 1月22日~29日
   王輝六段の指導碁
2月8日(火)午後1時から

場所 ギャラリー古藤 〒176-0006 東京都練馬区栄町9-16

予約先☎ 3948-5328

メール   fwge7555@nifty.com

中国棋院のプロ棋士と対局できます。指導料は 1局2500円です。(別途 場所&お茶代500円)合計3000円

 
    故郷 福島の原発事故から10年!

(Ⅰ)峰 八州子 (Ⅱ)イサジ式

 (Ⅲ)野口 孝寛 

   絵画・陶芸&ライブ パート6

 

日時:2022211日(金)

213日(日)

10:0019:00

イサジ式ライブ13日(15時~)

 

江古田 ギャラリー古藤

東京都練馬区栄町9-16

03-3948-5348

西武新宿線江古田駅徒歩6

西武有楽町線新桜台駅徒歩7

都営大江戸線新江古田駅徒歩10

 <問合せ>090-3917-1488【佐藤敦子】

 2月10日~13日
   

気功教室

季節の気功

日時/2022月 15日    () 14:3016:30

費用/おひとり様 ¥2,000

定員/  12    名様

会場 ギャラリー古藤

176-0006 東京都練馬区栄町9-16

電話 03(3948)5328

メール fwge7555@nifty.com

http://furuto.info/

 

季節が四季を巡り循環するように、気も四季に従って体を巡っていることを後存知ですか?気は、季節と関係の深い臓器に宿ります。

春は肝臓、夏は心臓、夏と秋の間に胃、秋は肺、冬は腎臓と季節に従って体を巡っています。

季節の対応する気功を行って、気を強め、内臓を整えて快適に過ごしましょう。

春は、肝臓の気功で体を目覚めさせ、目のマッサージと若返りの気功も行います。

 

講師プロフィール

大沼 田鶴子

長野県生まれ、五才より東京で育つ。東京女子大学卒業後、フランスへ移住。 パリで太極拳、気功に出会い研鑽を積む。

2002年より3年間、パリの気功センターで指導者養成講座を修め、2007年7月、中国北戴河にある国立気功センターで1ヶ月の研修の後、資格試験に受かり教授資格を得る。以後、パリの植物園や、パリ市のカルチャーセンターで気功の指導に当たる。

2019年7月、40年に渡る外人生活を終え、母国に帰国。 日本では、毎月一回季節の気功を、ひばりヶ丘の「スタジオ アルファ」で行っている。

 2月15日
   落語  2月20日
   

11回江古田映画祭 3.11福島を忘れない

2022 2/26(土)~3/11(金)14日間 

東電福島第1原発の事故から11年。今年も福島を忘れません。ヒロシマ・ナガサキに加え、旧ソ連の核実験、足尾鉱毒事件の映画や、高校生や大学生の作品も上映します。

          

  江古田映画祭実行委員会代表 永田浩三

 

会場 武蔵大学 練馬区豊玉上1-26-1 1号館地下1002シアター教室 

2/26(土) 13:00~オープニングイベント 

上映作品 ■13:1573分 野に叫ぶ人々・鉱毒に追われて  

15:20~トーク 田中正造研究家 赤上 剛  

144068分「鉱毒悲歌そして今」  

 予約不要 参加費前半・後半通して1500円  前半後半のどちらか1000

ハンディのある方―200円 大学生以下無料

 

3/5(土) 

上映作品■120082分 ヒロシマへの誓い サーロー節子とともに 

1330 上映後解説 武蔵大学教授 永田浩三

143097分 スターリンへの贈り物 

1620~トーク

 予約不要 各1000円 ハンディのある方800円 大学生以下無料

 

会場 ギャラリー古藤 ふるとう

 2/27(日)~3/11(金)

東京都練馬区栄町9-16 

江古田駅南口から徒歩6分

武蔵大学正門斜め向かい

http://furuto.info/

 

映画1本につき

大人 予約1,000円・当日1,200

大学生・ハンディのある方800円 

高校生以下無料 

チケット3枚つづり 2,700円 

トークがある場合も上記料金に

含まれますが、トークのみは500

 

武蔵大学永田ゼミ制作作品は500

予約優先入場各回35名定員制

予約すると200円割引

大震災からの避難者は無料。受付で伝えて下さい。

チケットは

電話・メールでの予約をお願いします。

電 話  03-3948-5328

 メールアドレス

fwge7555@nifty.com

 

ホームページは「ギャラリー古藤」で検索 http://furuto.info

 

 江古田映画祭facebookページ https://www.facebook.com/ekodaeigasai/?ref=bookmarks

 「江古田映画祭」で検索

 

会場では感染防止対策に努めています。

 

上映スケジュール *226()35()の会場は武蔵大学です

 

2/26 土 13:00~オープニングイベント 

13:1573分 野に叫ぶ人々・鉱毒に追われて  

14:40~トーク 田中正造研究家 赤上   

161068分「鉱毒悲歌そして今」  

 

2/27 日 13:0078分 神の舞う島+原発の町を追われて十年 

1430~トーク 制作者 堀切さとみ 避難者 鵜沼久江 

16:30118分 朝日のあたる家

 

2/28 月 13:00115分 星に語りて Starry Sky 

1510~トーク映画監督   松本 動 

165082分 ヒロシマへの誓い サーロー節子とともに 

190088分 太陽が落ちた日+監督メッセージ

 

3/1 火 13:00105分 アベ政治を記憶する─2887 

154078 神の舞う島+原発の町を追われて十年   

18:3055分それでも種をまく+その後志田弘子アニメ作品  

19403回目上映後トーク 制作者 笠原真弓

 

3/2 水 1300~約100分 武蔵大学永田ゼミ作品   

1450~トーク 武蔵大学 永田ゼミ生・永田浩三 

165068分<追悼・長谷川健一>飯舘村 わたしの記録                        

19:0070分 原発故郷3650日 

 

3/3 木 13:00118分 朝日のあたる家 

1510~トーク 映画監督 太田隆文                

1650118分 一緒に生きたい~自主登校の記録 

190089分 Workers 被災地に起つ

 

3/4 金 13:0070分 原発故郷3650日

1420~トーク 映画監督 島田陽磨 

160055分 それでも種をまく+その後・志田弘子アニメ作品  

1830105分アベ政治を記憶する─2887

2020~トーク 映画監督 河野優司

 

3/5 土 会場 武蔵大学

12:0082分 ヒロシマへの誓い サーロー節子とともに82 

上映後解説 武蔵大学教授 永田浩三

143097分 スターリンへの贈り物※日本語字幕初上映 

1620~トーク

 

3/6 日 13:0060分 相馬高校放送局制作4作品+参考映像

1410~オンライントーク相馬クロニクル主宰・元相馬高校放送局顧問 渡部義弘・卒業生 

153068 鉱毒悲歌そして今 

1650~トーク 「鉱毒悲歌」制作委員会代表 谷 博之

190073分 野に叫ぶ人々・鉱毒に追われて 

 

3/7 月 130010分 まわる映写機めぐる人生 

    1500~トーク 編集協力者 四宮鉄男    

    164088分 太陽が落ちた日+監督メッセージ 

    19:00115分 星に語りて~Starry Sky 

 

3/8 火 13:00Workers 被災地に起つ 89

1440~トーク 映画監督森 康行 

1620~星に語りて ~Starry Sky~ 115分 

1900~スターリンへの贈り物 97

 

3/9 水 13:0088分 太陽が落ちた日+監督メッセージ 

1440~オンライントーク 映画監督ドメーニグ・アヤ 

162070分 原発故郷3650日 

119:00118分 朝日のあたる家

 

3/10 木 13:0060分一緒に生きたい~自主登校の記録

1410~トーク 社会福祉士 山崎 正   

154010分 まわる映写機めぐる人生    

183060分 相馬高校放送局制作4作品+参考映像

1940~オンライントーク 渡部義弘

 

3/11 金 130068分 <追悼・長谷川健一>飯舘村 わたしの記録 

     1420~トークフォットジャーナリスト 森住 卓 

 1600105分 アベ政治を記憶する─2887

190082分 ヒロシマへの誓い サーロ―節子とともに

 

 

*トークの講師は変更の可能性があります。変更があった場合は江古田映画祭facebook

ページでお知らせします。

 

 

2022 第11回江古田映画祭 311福島を忘れない

上映作品

■朝日のあたる家 太田隆文監督 2013年/118分 

原発事故に巻き込まれ翻弄される家族を描いた劇映画。山本太郎の助演も見逃せない。  

■星に語りて~StarrySky~ 松本 動監督 2019年/115分 日本映画復興奨励賞受賞作

東日本大震災、消えてしまった障がいのある人と、苦悩する支援者を描く劇映画。

■まわる映写機めぐる人生 森田惠子監督 2018年/110分 文部科学省選定作品

映画を映すことに心を傾けた人々の生に触れる!森田監督の遺作。大林宣彦監督も出演。

■アベ政治を記憶するー2887 河野優司監督 2021年/105

松元ヒロ、伊藤真ら護憲論客と共に福島から避難して闘う方などのコメントと映像。

■スターリンへの贈り物 ルステム・アブドゥラシェフ監督 2008年/97

1949年、移送される列車から脱出したユダヤ人少年と彼を助けたカザフの老人の物語。

Workers 被災地に起つ 森 康行監督 2018年/89

作品は被災地のみならず、今を生きる私達に問いかける-新たな繋がりをつくる試みを。

■ヒロシマへの誓い―サーロー節子とともに― スーザン・ストリックラー監督 2019年アメリカ映画/82

201712ICANがノーベル平和賞を受賞。サーロー節子は迫力あるスピーチを。

■太陽が落ちた日 ドメ-ニグ・アヤ監督 2015年/78分(+監督メッセージ10分)

広島と福島をつなぐ反核を監督の祖父母・内田元看護婦・肥田医師などの生き方で描く。

■原発の町を追われて十年(2021年/58)+神の舞う島(2009年/20) 

堀切さとみ監督

原発事故後、双葉町民の避難者に寄り添いカメラを回し続けて十年、その軌跡を語る。 

■小口一郎の足尾銅山鉱毒事件連作版画による作品『野に叫ぶ人々』(1971年/28分)『鉱毒に追われて』(2013年/45) 篠崎 隆監督

鉱毒被害農民と田中正造の闘い/谷中村廃村・北海道入植の苦闘を描く。

■原発故郷3650日-福島、それぞれの現在 島田陽磨監督 2021年/70

なぜ福島に原発が?貧しさにつけ入る政府と利権に群がる企業、犠牲者は善良な市民。

■<追悼・長谷川健一>飯舘村 わたしの記録 長谷川健一監督2013年/68

飯舘村の酪農家。みずからカメラを握り、当事者の目線で被災状況を撮影。「あの町」からの日々の記録。★福島原発事故と闘った長谷川健一の早すぎる死を悼み上映。

■鉱毒悲歌そして今 「鉱毒悲歌」制作委員会 2019年/68分 

足尾鉱毒事件の記録映画『鉱毒悲歌』に今の足尾・旧谷中村の取材を加え再編集した。

■一緒に生きたい〜自主登校の記録 山﨑正監督 1995年/60

試験は0点でも皆と高校に行きたい。障害のある青年の記録は今も能力主義社会を問う。

■『野馬追、その心』(2015年/10) 『Atomic town(音声ドキュメント・2015年/7) 『故郷を伝えゆく』(2015年/5) 『Dear birth place

(2016年/8)相馬高校放送局制作+参考映像TV番組(2021年/30) 

被災地福島の現状や祭を通じて、この地で生きることの意義を高校生が考えた作品群。

■それでも種をまく+その後 国際有機農業映画祭制作(2019年/40)

/+志田弘子アニメ作品(2021年/15) 

有機農業の原発後を描く作品と加賀友禅作家のアニメ。福島と共に闘う仲間たちの短編2本。

■武蔵大学永田ゼミ作品 2021年/約100

「大川小津波事故から10年」「雲と私たち」「タバコに負けない社会作り」など、学生たちのドキュメンタリー。

 

 

 

店頭販売

★パン教室こだわりのパン

★地元の手仕事雑貨

★マウベシ珈琲・焼菓子

★脱原発書籍・グッズ 等々

展示

●「福島・風下の村」森住卓写真展

福島こども保養プロジェクト@練馬

なかのアクション・福島子ども保養プロジェクト

■主催 江古田映画祭実行委員会

■後援 みどりのまちづくりセンター

■協力 

★ギャラリー水・土・木

練馬区小竹町1-44-1

03-3955-2508

崔 誠圭展―祭祀―

35日(土)~13日(日)会期中無休

12:0017:00 

★グリーンピープルズパワー

新宿区新宿2-4-2 カーサ御苑903

03-6274-8660

mailinfo@greenpeople.co.jp

 

 2月26日~3月
   第5回 百人一首に遊ぶ 仮名の姉妹展  3月17日~23日
   たきびの会 「天国へゆける紙芝居」  3月26日
   パゾリーニ生誕100年記念講演会  4月2日3日
   浪曲  4月 23日
   追悼の会  4月24日
   落語  4月28日
   練馬・文化の会美術会第12回小品展  5月10日~15日
   わくわく紙芝居  5月22日
   映画会  5月28日
   生きているということに関わる大事な自由展  9月10日~16日
   江古田のまちの芸術祭 at古藤  10月28日~
   武蔵大学美術部OB・OG展  11月3日~6日
   ウクレレライブ  12月11日