ギャラリー古藤での催しもの開催予定案内  
 
   

10回江古田映画祭 3.11福島を忘れない

2021 2/27(土)~3/12(金)14日間 

 東電福島第1原発事故から10年。ヒロシマ・ナガサキ、足尾鉱毒事件や高校・大学生の作品、また初めて江古田映画祭実行委員会が制作した映像作品も上映します。どうぞお越し下さい。          

  江古田映画祭実行委員会代表 永田浩三 

満員のお知らせ 3/2 火 16:30~闇に消されてなるものか~写真家・樋口健ニの世界 80分 
18:00~トーク 写真家・樋口健二 は満席となりました。
なお、3/12 金 13:00~闇に消されてなるものか~写真家・樋口健ニの世界 ~90分は空席がございます。また、 3/13 土 13:00~闇に消されてなるものか~写真家・樋口健ニの世界 ~90分を追加上映いたします。トークも追加します。
 13日も写真家・樋口健二に 来ていただけます。

会場 武蔵大学会場 練馬区豊玉上1-26-1 1号館地下シアター教室は   定員150名 

2/27(土) 13:00~オープニングイベント 

上映作品 ■サマショール~遺言 第六章トーク豊田直巳 予約不要 参加費1000

 3/6 (土) 上映作品■襤褸の旗 トーク 赤上剛 ■歌うキネマ「キクとイサム」 予約不要 参加費1500円 パギやん✕高橋エミ

 会場 ギャラリー古藤 ふるとう

 2/28(日)~3/12(金)

東京都練馬区栄町9-16 

江古田駅南口から徒歩6分

武蔵大学正門斜め向かい

http://furuto.info/

 映画1本につき

大人 予約1,000円・当日1,200

大学生・ハンディのある方800円 

高校生以下無料 

チケット3枚つづり 2,700円 

トークがある場合も上記料金に

含まれますが、トークのみは500 

武蔵大学永田ゼミ制作作品は500

予約優先入場各回25名定員制

予約すると200円割引

大震災からの避難者は無料。受付で伝えて下さい。

チケットは

電話・メールでの予約をお願いします。

電 話  03-3948-5328

 メールアドレス

fwge7555@nifty.com

 ホームページは「ギャラリー古

藤」で検索 http://furuto.info

  江古田映画祭facebookページ https://www.facebook.com/ekodaeigasai/?ref=bookmarks

 「江古田映画祭」で検索 

会場では徹底した感染防止対策をしています。

入場時は、手指の消毒やマスクの着用をお願いします。 

上映スケジュール *227()36()の会場は武蔵大学です

 2/27 土 13:00~オープニングイベント 

13:15~サマショール~遺言 第六章 ~113分 

15:20~トーク 映画監督 豊田直巳  

 2/28 日 13:00~ふるさと津島 70 

14:25~トーク 映画監督 野田雅也 

16:00~コンセントの向こう側+fine(フィーネ)22A219 72 

17:25トーク 映画監督 中筋純 

19:00~西から昇った太陽75

3/1 月  13:00~七日間の告白+演劇ダイジェスト 51分 

14:10~ トーク 映画監督 野口靖・主演熊谷ニーナ・司会 渡邊 健 

16:00~ふるさと津島70分 

19:00~インディペンデントリビング98 

3/2 火 13:00~武蔵大学永田ゼミ4作品 ~90分 

14:45~トーク 蔵大学生・永田浩三   

16:30~闇に消されてなるものか~写真家・樋口健ニの世界 80分 

1800~トーク 写真家・樋口健二 

3/3 水 1300~ヒロシマ ナガサキ 最後の二重被爆者 80分 

14:35トーク 映画監督 稲塚秀孝

16:30~西から昇った太陽75分                       

19:00~ふるさと津島70

 3/4 木 13:00わたしは分断を許さない~105分 

1500~トーク 映画監督 堀 潤                

1630~シスターと神父と爆弾106分 

1900~ヒロシマ ナガサキ 最後の二重被爆者~80

3/5 金 13:00~西から昇った太陽~75

1430~トーク第五福竜丸展示館・学芸員 市田真理 

1600~横須賀綺譚86分  

19:00~コンセントの向こう側+fine2-2-A-219  72 

3/6 土 会場 武蔵大学

10:00~襤褸の旗115分 

12:10 トーク 田中正造研究家 赤上剛

1400  歌うキネマ 「キクとイサム」90  

1540~対談パギやん×高橋エミ 

3/7 日 13:00~今伝えたいこと()+相馬高校から未来へ~47

1400~福島からオンライントーク

相馬クロニカル主宰・元相馬高校放送局顧問渡部義弘 

1530~発酵する民92分+

1715トーク 映画監督 平野隆章 

19:00~横須賀綺譚 86 

3/8 月 1300山川建夫 房総の追憶  118

    1515~ブラジルからオンライントーク 映画監督 岡村 淳     

    1630~襤褸(らんる)の旗115分 

    19:00~わたしは分断を許さない~105分  

3/9 火 13:00~横須賀綺譚 86

1440~トーク 映画監督 大塚信一 

1630~インディペンデントリビング98分 

1900~山川建夫 房総の追憶  118分 +オンライントーク 映画監督 岡村 淳 

3/10 水 13:00~インディペンデントリビング~98分 

1445~長野からオンライン映画プロジューサー 鎌仲ひとみ 

1630~ヒロシマ ナガサキ 最後の二重被爆者80

1900~今伝えたいこと()+相馬高校から未来へ47

+オンライントーク渡部義弘

 3/11 木 13:00~シスターと神父と爆弾~106

1500~アメリカからオンライントーク ピース・カルチャー・ヴィレッジ理事長スティーブン・リーバー   

1630わたしは分断を許さない105分   

1900~七日間の告白51 

3/12 金 1300~闇に消されてなるものか~写真家・樋口健ニの世界 90分 

     1530~ ~コンセントの向こう側+Fine2-2-A-219 72分 

     1800~シスターと神父と爆弾106

 

満員のお知らせ

3/4 木 13:00~わたしは分断を許さない~105分 

1500~トーク 映画監督 堀 潤  

3/5 金 13:00~西から昇った太陽~75

1430~トーク第五福竜丸展示館・学芸員 市田真理 

3/12 金 1300~闇に消されてなるものか~写真家・樋口健ニの世界 90分 

3/13 土 1300~闇に消されてなるものか~写真家・樋口健ニの世界 90分 

 

は満席となりましたので予約を締め切りました。

*トークの講師は変更の可能性があります。変更があった場合は江古田映画祭facebook

ページでお知らせします。

 2021 第10回江古田映画祭作品

■山川建夫 房総の追憶(3部作)他短編 岡村淳監督 

2013/2019年 101/17

山川建夫が自然農業を開始した房総の過疎地は、福島事故のホットスポットになった。

山川建夫 房総の追憶(三部作) (岡村淳のオフレコ日記 : 自主制作作品紹介) (100nen.com.br)

■襤褸(らんる)の旗 吉村公三郎監督 1974年 115

足尾銅山鉱毒事件を告発した田中正造の半生を三国連太郎が熱演。西田敏行、田村亮他。

(238) [映画]襤褸の旗 -1- 田中正造の半生 - YouTube

(238) [映画]襤褸の旗 -2-  田中正造の半生 - YouTube

■サマショール~遺言第六章 豊田直巳・野田雅也監督 2020年 113

「サマショール」とは自主帰還者のこと。帰る日を信じて種をまく飯舘村の人々。

映画「サマショール 〜遺言 第六章」遺言プロジェクト (yuigon-fukushima.com)

■シスターと神父と爆弾 ヘレン・ヤング監督 2019年 106

米最大兵器用ウラン貯蔵庫に核兵器廃絶を訴え老齢のシスターと神父らが侵入・逮捕された。

■インディペンデントリビング 田中悠輝監督 2019年 98

体が動かなくても、想いが伝えられなくても自分らしくありたい。奮闘と自立支援を描く。

映画「インデペンデントリビング」オフィシャルサイト (bunbunfilms.com)

■発酵する民 平野隆章監督 2020年 92

鎌倉や葉山の暮らしの中から脱原発を追求する人達の盆踊りやお祭り、発酵するつながり。

ドキュメンタリー映画『発酵する民』 (fermentfilm.com)

■歌うキネマ「キクとイサム」  パギやん(趙博)演者 90分 

対談:高橋エミ(映画主演女優)

1本の映画をまるごと「語りと歌」で再現する歌うキネマ。「キクとイサム」をパギやんが演じる。

■横須賀綺譚 大塚信一監督 2019年 86

「あの日」の気持ちを心の片隅に追いやって生活している。これは、そんな私たちの物語。

映画『横須賀綺譚』 公式ホームページ (yokosukakitan.com)

■闇に消されてなるものか~写真家・樋口健二の世界 

江古田映画祭実行委員会制作・永田浩三監督 2021年 80

原発・公害・風土の破壊…人々の叫びを世に問う写真家・樋口健二の熱き人生を描く。

■ヒロシマ ナガサキ 最後の二重被爆者 稲塚秀孝監督 2019年 80

広島・長崎で被爆した故山口彊の核廃絶の訴え、それを継承する家族の姿を追う。

(238) 映画「ヒロシマ ナガサキ 最後の二重被爆者」予告 - YouTube

■西から昇った太陽 キース・レイミンク監督 2018年 75

“紙芝居風”アニメーションと第五福竜丸元乗組員のインタビューで描くビキニ事件。

映画「西から昇った太陽」は、水爆実験に遭遇するという怖ろしい出来事が漁師たちにもたらした苦悩と人生の困難を、

当時を体験した乗組員3名のインタビューと1000枚を超えるイラストによるストップモーションアニメで再現。

コンセントの向こう側+fine(フィーネ)22A219 中筋純監督 

2020年 72 福島・チェイルノブイリを追い続ける写真家による映像2作品

①写真&詩歌朗読映像②福島県浪江町の被災家屋解体に密着映像。

ふるさと津島 野田雅也監督 2020年 70

帰還困難区域の浪江町津島。100年後の子孫へ故郷の最後の姿をドローン撮影で記録。

(238) DVD 「ふるさと津島」ダイジェスト映像 - YouTube

七日間の告白+演劇ダイジェスト 野口靖監督 2020年 37/14

東日本大震災の様々な津波体験を題材にした架空の物語による映像および演劇の映像。

■今伝えたいこと()初演バージョン+相馬高校から未来へ 

相馬高校放送局 2012/2013年 39/8

震災10年目に改めて東日本大震災・原発事故について福島の高校生の視点から考える。

■武蔵大学永田ゼミ4作品 2020年 約90

「模擬爆弾・パンプキン」など、コロナ禍で学生たちが制作したドキュメンタリー4作品。                                        

店頭販売

★パン教室こだわりのパン

★地元の手仕事雑貨

 &ハワイ雑貨と食品

★マウベシ珈琲

★脱原発グッズ 等々

展示

●写真:樋口健二の世界

●福島こども保養プロジェクト@練馬

●なかのアクション・福島子ども保養プロジェクト

■主催 江古田映画祭実行委員会

■後援 みどりのまちづくりセンター

■協力 ★ギャラリー水・土・木

練馬区小竹町1-44-1

03-3955-2508

日下正彦個展「溢したミルク」立体作品

34日(木)~14日(日)会期中無休

12:0017:00 最終日15:00

野外()展示もします。

★グリーンピープルズパワー

エシカルな電気をお届けいたします。

新宿区新宿2-4-2 カーサ御苑903

03-6274-8660

mailinfo@greenpeople.co.jp

 

 

 2021年2月27日~3月11日
   

気功教室

「49式経絡気功」

日時/2021年 3月 16日    () 14:3016:30

費用/おひとり様 ¥2,000

定員/  12    名様

会場 ギャラリー古藤

176-0006 東京都練馬区栄町9-16

電話 03(3948)5328

メール fwge7555@nifty.com

http://furuto.info/

 

「49式経絡気功」は、養生気功で有名な張廣徳師(北京体育大学教授)のメソッドで、自然治癒力を高める気功として知られ、特に肺、呼吸器に関して有効と言われています。

気功は、中国医学理論の実践であり、呼吸と体の動きで経絡を刺激することにより、気(エネルギー)を体に巡らせ、内臓を刺激し整えます。

気は、生誕時に持って生まれて来る「先天の気」と、それ以後の「後天の気」の二種類あります。 「先天の気」は、その人の体力、寿命を意味し、生誕時にその量が決まっていて、増やすことは出来ませんが、「後天の気」(食物から得られる気と気功から得られる天地の気)によって、「先天の気」を強めることが出来ます。これを「以后天補先天」(後天を以って先天を補う)と表現されます。

自然治癒力を高めることに興味のある方、呼吸器の弱い方は是非ご参加ください。

 

講師プロフィール

大沼 田鶴子

長野県生まれ、五才より東京で育つ。東京女子大学卒業後、フランスへ移住。 パリで太極拳、気功に出会い研鑽を積む。

2002年より3年間、パリの気功センターで指導者養成講座を修め、2007年7月、中国北戴河にある国立気功センターで1ヶ月の研修の後、資格試験に受かり教授資格を得る。以後、パリの植物園や、パリ市のカルチャーセンターで気功の指導に当たる。

2019年7月、40年に渡る外人生活を終え、母国に帰国。 日本では、毎月一回季節の気功を、ひばりヶ丘の「スタジオ アルファ」で行っている。

 
   王輝六段の指導碁
3月30日(火)午後1時から

場所 ギャラリー古藤 〒176-0006 東京都練馬区栄町9-16

予約先☎ 3948-5328

メール   fwge7555@nifty.com

中国棋院のプロ棋士と対局できます。指導料は 1局2500円です。(別途 場所&お茶代500円)合計3000円

1局1時間前後が目安、局後の丁寧な手直しで棋力がグーンとアップします。

指導碁の後は参加者同士で対局を楽しみます。

·         王輝六段

·         中国棋院所属、1969年、上海生まれ、

 
   

2021/04/04 『曾おばさんの海』(班忠義著)復刊を祝い・講演(東京・江古田)

 班忠義さん(作家・映画監督)のデビュー作『曾おばさんの海』が28年ぶりに復刊されました。(学芸みらい社・2020年)『曾おばさんの海』は中国残留婦人
と班少年の心の交流を描いたノンフィクション小説。1992年「第7回ノンフィクション朝日ジャーナル大賞」を受賞。
 その後作家・ドキュメンタリー映画監督として活躍、4本の映画、著書多数を出版されています。講演では最近の中国情勢もお聞きできるかも知れません。ご期待く
ださい。ご参加お待ちしています。本を読んでくださったみなさんありがとうございます。限定30名ですので、早めにご予約ください。どうぞよろしくお願いいたします。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・               
日 時:2021年4月4日(日)13:30~17:30  
会 場:ギャラリー古藤 電話:03(3948)5328 東京都練馬区栄町9-16 武蔵大学
正門斜め前 西武池袋線江古田駅・南口徒歩6分   参加費:1500円
(飲茶代含む) 限 定:30名  内 容:『曾おばさんの海』と日中関係(仮題)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・  

講演の前に紙芝居「赤い夕日」を公演。群読で「花咲けシルバ組」  満州事変を描いたものでなかなかの作品です。
  主 催:詩と朗読「たきび」の会・花咲けシルバ組  協 力:ギャラリー古藤  
問い合わせ・予約:takibinokai_poem@yahoo.co.jp(大島)
・・・・・・・・・・・・・・ ■□■ ・・・・・・・・・・・
・・   班忠義さんプロフィール
 1958年、中国遼寧省撫順市生まれ。1978年、黒龍江大学日本語 学科入学。1
982年日本へ留学。83年上智大学新聞学研究科入学。 91年文学修士取得。卒業後
は作家・ドキュメンタリー映画監督として 中国残留孤児・中国残留婦人問題に取り組む
。92年応募論文で 「第7回ノンフィクション朝日ジャーナル大賞」受賞。 同年末に
『曾おばさんの海』として朝日新聞社より刊行された。  <著 書> ・『近くて遠い
祖国』(ゆまに書房)・『蓋山西とその姉妹たち』(梨の木舎) ・『亡命』(岩波書店
)・『声なき人たちに光をー旧軍人と中国慰安婦  の20年間の記録』(いのちの
ことば社)・『太陽がほしいー「慰安婦」と  呼ばれた中国女性たちの人生の記録』(
合同出版)
 <映 画> ・「チョンおばさんの国」・「ガイサンシーとその姉妹たち」・「亡命」
 ・「太陽がほしい」

 4月4日
   落語  4月23日
     4月25日
   金山芙玖子作品展  5月5日~9日
   

岡田修 津軽三味線の道 Vol.

2021年5月29日(土) ギャラリー古藤(ふるとう)ライブ

   会場  ギャラリー古藤(ふるとう)

       練馬区栄町9-16(武蔵大学正門斜め前)

         中野駅北口より関東バス江古田駅バス停徒歩4

            TEL03-3948-5328

       時間 13:30~開場  14:00~開演

       時間 17:30~開場  18:00~開演

   

 

料金 ¥2,500-(当日¥3,000)

お申し込み オフィス・ポニーTEL03-3900-9607

 

津軽三味線 岡田修事務所  TEL042-579-2534

 5月29日
   落語会  6月24日
   天真書法塾書道支部教室作品発表会  10月22日~24日
   江古田のまちの芸術祭   10月30日~11月7日
   練馬・文化の会美術会小品展  11月9日~14日
   ウクレレの会  12月12日