ギャラリー古藤での催しもの開催予定案内  
 
   第13回江古田映画祭2月24日~3月11日

2024 第13回江古田映画祭

3.11福島を忘れない~

224()311()            2月28日() 3月4日()5日(火)は休み

 

 東電福島第1原発の事故や大津波から13年。今年も福島を忘れません。核兵器やパレスチナ、関東大震災をテーマにした映画や、高校生・大学生の作品も上映します。

                      江古田映画祭実行委員会代表 永田浩三

224()32()の会場は武蔵大学です。2/283/45はお休み。

 

上映スケジュール 

会場:武蔵大学 2/24()3/2()

東京都練馬区豊玉上1261 

★予約不要(270名定員)★開場は各上映の30分前です。

2/24(土)■会場:1号館地下1002シアター教室

1300 オープニングイベント

1315137分 福田村事件

1540~トーク 脚本/佐伯俊道・荒井晴彦・井上淳一

参加費:1,000円 ハンディのある方は800/大学生以下無料

3/2(土)■会場:1号館地下1002シアター教室

130056分 パレスチナからフクシマへ(1,000円)

14:20~約180 [初上映] ガザ~オスロ合意から30年の歩み(1,500円)(休憩あり)

17:40~トーク 映画監督  土井敏邦

参加費:3/2 (土)各作品ごとの参加費は上記に記載。2作品連続の場合は2,000

 ハンディのある方は-200/大学生以下無料

 

会場:ギャラリー古藤 2/25()3/11()    東京都練馬区栄町9-16(武蔵大学正門斜め前)

2/28()3/4()3/5()休み

★予約優先入場(40名定員制) ★開場は各上映の30分前です。

2/25(日)

13:00180分(休憩あり)飯舘村べこやの母ちゃん

16:20~トーク 映画監督   古居みずえ

8:0086分 廃墟と化した鉄の町 釜石艦砲射撃の記録

2/26(月)

13:0065分不安の正体 

14:15~トーク 映画監督 飯田基晴       

16:1081 サイレントフォールアウト

18:30124分「生きる」大川小学校 津波裁判を闘った人たち

2/27(火)

13:00120 武蔵大学永田ゼミ4作品 

15:10~トーク 武蔵大学 永田ゼミ生・永田浩三

17:00180分(休憩あり)飯舘村べこやの母ちゃん

2/28(水) 休み

2/29(木)

13:0014:00展示についてのトーク「福島の海から見えてきたもの」

東京大学名誉教授(高木仁三郎市民科学基金)鈴木譲

15:00137分福田村事件

19:0060分福島の高校生が処理水問題を考える

20:10~オンライントーク 渡部義弘

3/1(金)

13:00206分 東電テレビ会議49時間の記録(休憩あり)

16:50~トークJapanDocs・編集者 渡辺勝之

19:0065分 不安の正体

3/3(日)

13:00124分「生きる」大川小学校 津波裁判を闘った人たち

15:20~トーク 映画監督 寺田和弘

17:30106分 ナオト、いまもひとりっきり

3/45(月・火)休み

3/6(水)

13:00106分 ナオト、いまもひとりっきり 

15:00~オンライントーク 映画監督 中村真夕

170065分 不安の正体

19:0085分 [アニメ]ふながだの海

3/7(木)

13:0086分 廃墟と化した鉄の町 釜石艦砲射撃の記録

14:40~オンライントーク 映画監督 都鳥伸也

16:30124分「生きる」大川小学校津波裁判を闘った人たち

19:2081分 サイレントフォールアウト

3/8(金)

13:0085[アニメ]ふながだの海

14:40~トーク 映画監督 いくまさ鉄平 

16:3086分 廃墟と化した鉄の町 釜石艦砲射撃の記録

19:00104[朗読劇]線量計が鳴る

3/9(土)

13:0081分 サイレントフォールアウト

14:30~オンライントーク 映画監督 伊東英朗

16:3085[アニメ]ふながだの海

19:00106分 ナオト、いまもひとりっきり

3/10(日)

13:0060分 福島の高校生が処理水問題を考える

14:10~オンライントーク 相馬高校放送局顧問 相馬クロニクル主宰渡部義弘

16:10104分 [朗読劇]線量計が鳴る

3/11(月)

13:00104分[朗読劇]線量計が鳴る

15:00~トーク 俳優 中村敦夫/プロデューサー 宮崎信也

 

トークゲストは変更の可能性があります。

ギャラリー古藤予約優先入場

ギャラリー古藤参加費

■映画1本につき

大人 予約1,000円・当日1,200円 大学生・ハンディのある方800円 

高校生以下無料 トークがある場合も上記料金に含まれますが、トークのみは500

■チケット3枚つづり 2,700円(武蔵大学・ギャラリー古藤会場共通券)

■武蔵大学永田ゼミ作品は500

■「東電テレビ会議~」は鑑賞は無料で、資料・トーク代として1,000

 

fwge7555@nifty.com

 

HPは「ギャラリー古藤」http://furuto.info

 

 江古田映画祭facebook

●展示

★「福島の海から見えてきたもの」展

福島第1原発の沖合で、海洋調査を続ける「いわき放射能市民測定室たらちね」と、鈴木譲・東京大学名誉教授(高木仁三郎市民科学基金)の測定結果をパネル展示。汚染水の影響を考える。

★福島こども保養プロジェクト@練馬

★なかのアクション・福島子ども保養 プロジェクト

 

●店頭販売

★東北の物産

★パン教室こだわりのパン

★マウベシ珈琲・焼菓子

★脱原発・農と食などの書籍・グッズ等々

 

今年も選びます!アンケートであなたも参加観客賞江古田映画祭グランプリ

 

ギャラリー古藤 アクセス

東京都練馬区栄町9-16(武蔵大学正門斜め前)

■西武池袋線 江古田駅南口徒歩6

■西武有楽町線 新桜台駅2番出口徒歩7

■都営地下鉄大江戸線 新江古田駅A2出口徒歩10

■中野駅北口より関東バス江古田駅バス停徒歩4

 

上映作品

■東電テレビ会議49時間の記録 OurPlanet-TV製作 2013年/206

2011312日~15日までの3日間、福島第1原発で何が起こっていたのか。東京電力が一般向けにインターネット公開した映像をもとにまとめた報道ドキュメント。

https://youtu.be/tX5ceKqfJvQ

[初上映]ガザ~オスロ合意から30年の歩み 土井敏邦監督 2024年/約180

土井監督がガザと関わってから半世紀。その集大成3時間を初公開する。命が脅かされ、人権が破壊される極限状況をなぜ世界は見放すのか。オスロ合意を起点に見つめていく。■パレスチナからフクシマへ 土井敏邦監督 2018年/56

パレスチナ・ガザ地区の人権活動家ラジ・スラー二が原発事故で故郷を追われた飯舘村への旅と村民との対話の中で、パレスチナとフクシマの普遍性を探っていく。

https://youtu.be/10iXoo8S51A

■飯舘村 べこやの母ちゃん─それぞれの選択 古居みずえ監督 2022年/180

原発事故によって全村避難を強いられた飯舘村の酪農家女性3人。故郷に戻れる日を待ち続ける人。牛と共に新天地に移住した人。その日々を丁寧に見つめた集大成。

https://youtu.be/WT28LLVfjS0

■福田村事件 森達也監督 2023年/137分 

関東大震災から100年。利根川河畔の人々はなぜ行商団を虐殺したのか。今日のわれわれに鋭利な問いを突き付ける。2023年秋さまざまな論争を巻き起こした話題作。

https://youtu.be/qmoGbGfy3hU

■「生きる」大川小学校 津波裁判を闘った人たち 寺田和弘監督 2022年/124

あの日、大川小学校で小さな命がなぜ失われたのか。我が子の代理人となった親達と弁護士2人が闘ったのは裁判だけではない。今、この国で生きる、私達市民のあり方を問う。

https://youtu.be/OT9rNcNNRYQ

■劇場版 ナオト、いまもひとりっきり 中村真夕監督 2023年/106分 

すべてを金で解決しようとする不条理、命を簡単に“処分”しようとする理不尽さに納得できず、原発事故で全町避難となった福島県富岡町にひとり残り動物たちと暮らすナオト。その日々を8年間、追う。

https://youtu.be/rtU84KZYNIY

[朗読劇]線量計が鳴る「線量計が鳴る」製作委員会 脚本・出演/中村敦夫  2022年/104

原発の町で生まれ育ち、原発で働き、事故で全てを奪われた、元・原発技師のモノローグ。原発の仕組みや事故の実態、利権に群がる原子カムラの相関図までを網羅し、放射線医学界の謎に迫る。

https://youtu.be/s5DuvB94IMw

■廃墟と化した鉄の町 釜石艦砲射撃の記録都鳥伸也監督/都鳥拓也撮影 2023年/86分東北で起こった敗戦間際の悲劇。戦争の語り部たちに立ちはだかる記憶の風化、高齢化、そして…3.11。知られざる東北の戦災ー釜石艦砲射撃の記録。

https://youtu.be/uWhPIzjefn4

[アニメ]ふながだの海 いくまさ鉄平監督 2023年/85

豊かな漁場福島の浜通り、古来より津波の脅威に備え「命の次に船を守れ」の格言が残っていた。2023年、船は守ったものの、原発事故がもたらした汚染水の放出が‥。

■サイレントフォールアウト 伊東英朗監督 2023年/81

放射能を浴びたX年後シリーズ第3弾。米アリゾナ州での核実験後の地元民の被曝。子どもたちの乳歯を集め実体に迫る母親たちや研究者たちの姿を丁寧な取材で追う。

https://youtu.be/1CGYXjuPLGc?si=v3v6nohPm333u-59

不安の正体―精神障害グループホームと地域 飯田基晴監督 2021年/65

精神障害者のグループホームに対し、各地で地域住民の反対運動が起きている。反対住民の声、関係者の意見、入居者の生活の様子や言葉を通して、その実像を見つめる。

■福島の高校生が処理水問題を考える 相馬高校放送局制作 2023年/60

処理水の問題を福島の高校生の視点から制作。高校生のアンケートやインタビューをもとに、地元漁業関係者や、県庁や経産省にも取材。処理水放出後には地元紙やテレビの報道を検証。

■武蔵大学永田ゼミ・ドキュメンタリー4作品 4年生制作 2023年/全部で120

「民衆のメディア・版画をめぐる旅」「竹内精一95歳・オウム真理教との闘い」「松戸自主夜間中学に光を当てる」「おじいちゃんの行方がわからなくなった」。

 

●主催 江古田映画祭実行委員会

●後援 みどりのまちづくりセンター

●協力 グリーンピープルズパワー

 https://www.greenpeople.co.jp/

 2月3月
   

季節の気功

日時/2024年3月19日 ()   14:3016:30

費用/おひとり様 ¥2,000

定員/  12    名様

会場 ギャラリー古藤

176-0006 東京都練馬区栄町9-16

電話 03(3948)5328

メール fwge7555@nifty.com

http://furuto.info/

 

季節が四季を巡り循環するように、気も四季に従って体を巡っていることをご
存知ですか?気は、季節と関係の深い臓器に宿ります。

春は肝臓、夏は心臓、夏と秋の間に胃、秋は肺、冬は腎臓と季節に従って体を巡っています。

季節の対応する気功を行って、気を強め、内臓を整えて快適に過ごしましょう。

講師プロフィール

大沼 田鶴子

長野県生まれ、五才より東京で育つ。東京女子大学卒業後、フランスへ移住。 パリで太極拳、気功に出会い研鑽を積む。

2002年より3年間、パリの気功センターで指導者養成講座を修め、2007年7月、中国北戴河にある国立気功センターで1ヶ月の研修の後、資格試験に受かり教授資格を得る。以後、パリの植物園や、パリ市のカルチャーセンターで気功の指導に当たる。
2019年7月、40年に渡る外人生活を終え、母国に帰国。 日本では、毎月一回季節の気功を、ひばりヶ丘の「スタジオ アルファ」で行なっている。

 

 3月23日24日
 

劇団民藝・北林谷栄さんが長い間主役の神部ハナを演じていたことでも知られる、広島県福山市出身の劇作家・小山祐士の名作『泰山木の木の下で』。
放送劇『神部ハナという女の一生』は、その底本になったものです。
この度、放送劇として作られた物語が朗読劇として蘇り、東京で公演を行います。

【第1部】『神部ハナという女の一生』
脚本:小山祐士
出演:「ヒロシマを伝える朗読の会」
(キャスト)
神部ハナ  :土屋時子  木下刑事  :板倉勝久
ハナの夫  :池田寿生  マリという女:池田夏子
磯部夫人  :髙山いづみ 出前持の小僧:河口悠介

音楽・効果 :河口悠介
制作    :池田正彦

【第2部】〈鼎談〉小山祐士を語る
(ゲスト)永田浩三(武蔵大学教授)
土屋時子(神部ハナ役)
板倉勝久(木下刑事役)

(『神部ハナという女の一生』あらすじ)
 小さな汽船が行き来する瀬戸内の小さな島。そこに暮らす神部ハナは、男の子5人、女の子4人を生み、戦時中、国から優良多子家庭として表彰されるも、男の子4人は戦死、残っていた子どもたちも原爆によって亡くなる。人助けのために施術したにもかかわらず、ハナは、堕胎罪に問われて警察に連行され、木下刑事の取り調べを受ける。 最後は、木下刑事に看取られながら、原爆症で亡くなる。
 戦争と広島の過酷な歴史の中で、したたかに生きる庶民の光と影を描いた名作。

日時
 2023323日 1500開演(1430開場)
 2023323日 1830開演(1800開場)
 2023324日 1330開演(1300開場)

場所:ギャラリー古藤(ふるとう)
(東京都練馬区栄町9-16
Tel
03-3948-5328
武蔵大学正門斜め前・千川通り沿い
〈会場までのアクセス〉
・西武池袋線 江古田駅南口 徒歩6
・西武有楽町線 新桜台駅2番出口 徒歩7
・都営地下鉄大江戸線 新江古田駅A2出口 徒歩10
・中野駅北口より関東バス 江古田駅バス停 徒歩4

入場料
・一般 2,500
・学生 1,500

問合せ・ご予約
電話・FAX082-291-7615 / 携帯:080-6328-7615
E-mail
hiroshima.bungaku@gmail.com
こちらのフォームからも申し込みできます。
https://forms.gle/VbyxJ3wCDZMmd9BY8

主催:広島文学資料保全の会
広島県広島市中区本川町2丁目1-29-301
https://bungakuhozen.jimdofree.com/ 

 3月23日24日
   王輝六段の指導碁

3月26日(火)午後1時から

場所 ギャラリー古藤 〒176-0006 東京都練馬区栄町9-16

予約先☎ 3948-5328

メール   fwge7555@nifty.com

中国棋院のプロ棋士と対局できます。指導料は 1局2500円です。(別途 場所&お茶代500円)合計3000円

 3月26日
   イサジ式コンサート  3月30日
   齋藤コンサート  3月31日
   映画会  4月6日
   花咲けシルバー紙芝居の春と講談のコラボ  4月7日
   地球交響曲 ガイアシンフォニー  4月20日
   岡田修
津軽三味線の道
 4月21日
   平和会議  4月22日
   練馬文化の会  5月7日~12日
   地球交響曲 ガイアシンフォニー  5月18日
   平和美術  5月20日
   落語  5月24日
   映画会  5月25日
   ウクレレライブ  5月26日
   若林圭子シャンソン  6月8日
   ガイア映画会  6月15日
   偲ぶ会  6月22日
   演劇公演 「あの少女の隣に」  8月3日
      8月24日
   ウクレレライブ  8月25日
   落語会   8月26日
   演劇公演 「あの少女の隣に」  8月31日
   展覧会  9月7日~20日
     
     
   江古田のまちの芸術祭   10月26日~11月4日
     
   ウクレレライブ  12月15日